人物画・母の歌
Portraits & Essays



母の顔 1986 27×38cm

棺桶の蓋を外して母を描き疲れたるとき並びて眠る

度の合わぬ眼鏡を掛けし母なれば柩の中に持たせて閉じし

息止みし己が顔を描かせて母はその子を絵描きとなしぬ

母の骨みるを拒めば弟と父らで拾い壺におさめ来

アイバンクの登録言いし母の目の角膜二つ焼いてしまいぬ

一番下の位をと言い遺す母の戒名みじかく慎まし

手鏡と三角巾と柩打ちなしたる石を我は集める

吾が母の口の黒子は左かと夜中に起きてデスマスク見る

我がうちに生き行く母の好みなる切干大根食べてみるなり

この世に母がいないことを思い出さないように眠り込んでしまおう

髪を梳く母を思いて髪を梳く母の髪残る母の櫛にて

眠り方忘れた夜に咳をする咳の仕方も母を真似てる

我の血の香りに寄りし蚊の一つ潰せし後に母かと気付く

最後まで痩せ我慢する母が生みし我なり仕方なく痩せ我慢する

夢中に何処に居るかと亡き母から電話がかかる

忘れいし母の声なり出来ますと言うに目覚めて闇に目を開く

袋詰めなす母のホチキスの音かと目覚めれば雨垂れの音

二つある湯呑みにお茶を注ぎたる一つ飲み干し一つ残れり


Home  お知らせ  作品紹介  ポートレートスナップブック・奥田修一の言葉  人物画・母の歌  富良野画廊
カフェ「銀ドロ」   オリジナル商品   外観スナップブック   館内観スナップブック   周辺の動植物